BLOG 施工報告など

運転席ドア後ろの方にシャープデント

本日のデントリペアご依頼は、メルセデスベンツ Eクラス のオーナー様。

運転席ドアの後ろの縁近くに小さな凹みがあるとのご相談です。

ドアの後端から5cmくらいの位置。だいぶ下の方です。

凹み自体は2cm程度で大きなものではありませんが、塗装傷を伴う鋭い凹み「シャープ・デント」です (>_<)

凹みの下にも塗装傷がありますがこちらは凹んでいないようなので、一番上の凹みをリペアします (‘◇’)ゞ

通常、ドアの下の方にある凹みをリペアする際にはドア内張りを外してツールを入れます。ところがこちらのお車は内張りを外しても内部にもう1枚パネルがあり、ツールを入れることができない構造… (-_-;)

ということで、窓枠の部分から長い工具を差し込んでリペアすることに。

凹みのすぐ裏側に構造物があったので隙間用の薄いツールだけしか使えませんでしたが、焦らずじっくり直していきます。。。

芯のある鋭いへこみだったため小さな凹みのわりには時間がかかってしまい、施工時間はおよそ1時間。

このように仕上がりました (^^)/

凹みがキッチリ直ったので、塗装傷もかなり目立たなくなりましたね (^^)/

小さくても気になってしまうこうした凹み、「板金するほどでも・・・」「ドア交換は大掛かりすぎる・・・」とお困りではありませんか?

デントリペアで復元できる凹みであれば、数十分~数時間という短時間で元通り!

デントリペアで直せるかどうか実際に拝見してお答え致しますので、まずはお気軽にご相談下さい。

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ