BLOG 施工報告など

ルーフピラーに凹み×2カ所

本日のデントリペアご依頼は、ホンダ NBOX のオーナー様。

ルーフの横、ルーフサイドピラーという場所に凹みがあるとのご相談です。

左スライドドアの上に、前後2カ所の凹みです。

特に前側は深くて大きい… (*_*)

原因は不明とのことですが、買ったばかりの新車でこの凹みはショックが大きいですね・・・(-_-;)

ルーフ(屋根)やピラーを板金で修理すると思いのほか大掛かりな作業になることが多く、費用も時間もかかってしまいがち。特にルーフの修理は「修復歴車」となってしまうケースもあるので、できればデントリペアで直したいところです。

ピラー部分は構造上凹みの裏からは押せないので、表面から引き出す「プーリング」という方法で施工します。

今回のような深い凹みをプーリングで施工すると、裏から押すよりも難しくて時間もかかります (-_-;)

今回は2カ所合わせて3時間程の施工となりました。

↑前側の凹み
↑後側の凹み

仕上がりを確認して頂くと、

「え??もう分からない… 想像以上の仕上がり!大満足です!!」

とオーナー様 (^^)/

ピラー部分はデントリペアで対応できない凹みも珍しくないので、今回はきちんと施工できて良かったです。

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ