BLOG 施工報告など

アルミパネルのプレスラインに凹み

本日のデントリペアご依頼は、テスラ モデル3 のオーナー様。

左後部座席ドアのプレスライン上に小さな凹みがあるとのご相談です。

比較的小さな凹みですが、よく見ると2カ所の凹みが隣接しており塗装傷もあります… (>_<)

デントリペアは凹みを直す技術ですので、塗装傷はそのまま残ることをオーナー様へ確認してから施工となります。

こちらのお車、後部座席ドアがアルミパネルでした。フロントフェンダーやボンネット、前のドアがアルミ製というのは良くあるケースですが、後部座席ドアもアルミ製というのはなかなか珍しいと思います。

アルミパネル、プレスライン、裏にはデッドニング材が貼られている、という難しい条件でしたが、問題なくツールが届く位置でしたので無事にリペアできました (‘◇’)ゞ

凹みが戻り、プレスラインが復活しました (^^)/

凹みが無くなると、塗装傷も軽微なものであれば目立たなくなります。

デントリペア施工は裏から精密に押し出して元の形を復元する技術。パテ埋めや再塗装を行わないので、ほとんどの凹みは1~数時間で即日仕上がります。

小さな凹みで大掛かりな修理にはしたくない、元の塗装を維持したい、そんなニーズにお応えできるのがデントリペア (^^)

ただし、どんな凹みでも直せるわけではないので、実際に拝見して施工可否判断が必要となります。ご希望の場合はお気軽にご連絡下さい。

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ