BLOG 施工報告など

アルミボンネットの凹み

本日のデントリペアご依頼は、スバル フォレスター のオーナー様。

ボンネットに何か飛来物が当たって凹みができているとのご相談です。

凹みに「芯」や塗装傷が無いので、石が飛んできて当たったわけではなさそう。

でもそのぶん、4cm程の大きな凹みになっています (*_*;

こちらのお車はアルミボンネットなので、通常の鉄板よりも裏に補強が多くてツールアクセスしにくいことと、アルミ材は硬さや厚さ等は鉄板とは異なるためリペアには若干のコツと言うか慣れが必要、という特徴があります。

当店ではアルミパネルでも、プレスラインでも、外車でも、割増料金はございませんのでご安心下さい。

やはり何度施工してもアルミパネルはタイヘンですが、1時間少々の施工でしっかり復元できました (‘◇’)ゞ

幸い塗装傷が無かったので、すっかり分からないレベルで復元できています。

「目立たなくなってくれれば・・・」

と仰っていたオーナー様、仕上がりをご覧になってとても喜んで頂けたご様子 (^^)/

「アルミパネルは直せないからパネルごと交換しかない」というのは昔のハナシ。

デントリペアなら再塗装も無く即日リペアできますので、小さな凹みでお悩みの際はお気軽にご相談下さい。

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ