BLOG 施工報告など

ルーフサイドピラーにエクボ状凹み

本日のデントリペアご依頼は、スバル BRZ のオーナー様。

運転席ドアの上、「ルーフサイドピラー」と呼ばれる位置に小さな凹みがあるとのご相談です。

ピラー部分は基本的に裏から押せない構造なので、表面から引っ張り出す「プーリング」という方法でリペアを行うことになります。

ただしプーリングは施工できる条件があり、凹みの形や塗装の状態によっては施工不可というケースもあります。

今回は「芯」のない緩い凹みで塗装傷もナシ、お車も新しいので、プーリングで復元できそうです (^^)/

プーリング機材の準備や塗装面の脱脂などを含め、30~40分程で施工完了しました。

キッチリ復元できました (‘◇’)ゞ

運転席に乗り降りする際にいつも見える場所なので、キレイに戻って良かったです。これでもう気になってしまうこともありませんね。

プーリングは、凹みによっては痕跡が残ってしまったり、場合によっては塗装が剥がれてしまうリスクを伴う施工方法なので、事前によく確認・オーナー様と相談してから施工させて頂きます。

「再塗装しないで直せないかな」「板金塗装のように大掛かりな修理をするほどでも…」とお考えの小さな凹み、是非デントリペア専門店へご相談下さい。

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ