BLOG 施工報告など

運転席前に面割れ+線ヒビ

本日のウィンドウリペアご依頼は、トヨタ ランドクルーザープラド のオーナー様。

運転席前に飛び石被害とのご相談です。

パッと見は「パーシャル・ブレイク」と呼ばれる三日月形の内部面割れかな、と思ったのですが、拡大して詳しく見てみると・・・

ルーペで拡大しています

パーシャルブレイクの端から斜め右上方向に線ヒビが伸びています (>_<)

こうしたヒビは、発生した後に伸び始めてしまっているケースで良く見られるパターン。早くリペアしないと右上のヒビがどんどん長くなってしまう恐れがあります。

弱いヒビだと思われるため、リペア樹脂を圧入するにも高い圧力をかけることができません。

ヒビの様子と相談しながら慎重に施工すること60分程。リペアが完了しました (‘◇’)ゞ

ルーペで拡大しています

隅々まできちんと樹脂が入り、黒っぽく見えていた部分が透明に変わりました。これで悪化のリスクが最小限に抑えられます。

見た目も改善され、ほとんどのケースで車検もOK (^^)/

悪化して3~4cm超の長さになってしまうと、リペアできても車検でNGとなる可能性が増えてきます。飛び石ヒビはできるだけ早めのリペアがお勧めです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ