BLOG 施工報告など

左右ドアのプレスライン凹み

本日のデントリペアご依頼は、フォルクスワーゲン ティグアン のオーナー様。

運転席ドアと助手席ドアのプレスラインにそれぞれ凹みがあるとのご相談です。

■運転席ドア■

  

■助手席ドア■

どちらも深く凹んでいたプレスラインが復活しました!

塗装傷も少しありましたが、凹みが無くなったことでだいぶ目立たなくなったと思います (^^)/

両ドアを板金塗装やドア交換で修理しようとすると日数も費用もかなりかかってしまいそうですが、デントリペアなら即日完了! 今回の施工は両方で3時間程度でした。

デントリペアは人力(手作業)でリペアします。最近のフォルクスワーゲンのお車はプレスラインが非常にシャープな線になっているので戻すのがタイヘンですが(汗)、こうして仕上がると充実感も凄いです (^^;)

リペアの可能・不可能は様々な要素が絡んでくるので、ご自身で判断することは難しいと思います。

(車が動いてぶつかった凹みは厳しいとか、サイドシルは施工できないなどの目安は一応ありますが)

リペアできる凹み(位置)かどうかの判断は、ご来店頂いた際に施工技術者が直接確認してお伝え致しますので、気になる凹みにお悩みの際にはお気軽にお問い合わせ下さい。

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ