BLOG 施工報告など

ドアのプレスライン上下に大きな凹み

本日のデントリペアご依頼は、スバル レヴォーグ のオーナー様。

後席ドアのプレスライン上下に凹みができてしまったとのご相談です。

これはかなり大きな凹み (>_<)

プレスライン付近が押されたことによって、その周りが大きく膨らんで(出っ張って)いるのも分かります。

硬い物で押された凹みではないようで塗装傷はありません。また、プレスライン自体はさほど凹んでおらず、その上下の歪みが強いという状況。

かなりタイヘンな作業になりそうな予感(^^;)ですが、まずは出っ張ってしまった部分を表面から叩いて落とす作業からスタート!

歪みが大きいため、元の面を再現するのが難しい・・・3時間ほどかかってしまいました (^^;

納車されたばかりの新しいお車とのこと、凹みが気にならない訳がありません。

「できれば板金修理は避けたい」というご意向でしたので、デントリペアで対応できて良かったです (^^)/

 

デントリペアで復元できる凹みなのか、施工できないものなのか・・・?

凹みの形や裏側の構造との兼ね合いで決まるため、実物にて実際にツールを当てて確認する必要があります。

ご自身での判断は難しいと思いますので、気になる凹みでお悩みの場合はお気軽にお問い合わせ下さい。

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ