BLOG 施工報告など

飛び石で大きな放射状ヒビ

本日のウィンドウリペアご依頼は、VOLVO V60 のオーナー様。

運転席前に500円玉サイズの飛び石ヒビが発生しているとのご相談です。

この角度からはヒビの様子が良く見えませんが、見る角度を変えて拡大すると放射状のヒビがたくさん見えます (*_*;

ルーペで拡大しています

石が当たった「衝撃点」がかなり深くえぐれていて、その周りに貝殻のように見える円形の面割れと、放射状線ヒビ「スター・ブレイク」が併発しています。

線ヒビがかなり長いため全体の大きさも大きく500円玉からはみ出てしまうサイズですが、なんとかリペアできそうなので早速取りかかります (‘◇’)ゞ

長い線ヒビは「樹脂注入圧力」と「ヒビの強度」の兼ね合いで、通常よりも時間がかかることが多いです。今回も90分程かかって無事施工完了となりました。

ルーペで拡大しています

全てのヒビの先端までリペア樹脂が浸透し、格段に強度が高まりました (^^)/

樹脂が入ったことでガラス内部に「隙間」が無くなるため、見た目も大幅に改善します(透明の痕跡が残ります)。

放置すると悪化してしまう(ガラス交換になる)可能性が非常に高いヒビでしたので、そうなる前に当店へご連絡頂けて良かったです。

「リペアすればその後は絶対に悪化しない」とは言い切れませんが、悪化するリスクを最低限に抑えることができます。硬貨で隠れる程度までのサイズであれば、ほとんどのケースで車検も通るようになります。

飛び石被害に遭ってしまったら、できるだけお早めにご連絡下さい (^^)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ