BLOG 施工報告など

クォーターパネルの横ズリ凹み

本日のデントリペアご依頼は、日産 スカイライン400R のオーナー様。

左クォーターパネル(リアタイヤの上のパネル)の後端に凹みができてしまったとのご相談です。

リアバンパーとの境目付近に、横向き5.0cmの鋭い線状凹み (>_<)

何かに「ズリッ」と前から後ろへ向かって擦られたような凹み方で結構深く、後端には塗装剥がれもあります。

「クォーターパネル」と呼ばれるこの場所、裏から押すツールが入れられずリペアできないこともある難しい位置。。。うまくツールが届いたとしてもパネルの縁は工具が当てられないので、一番後ろの塗装傷がる部分はこのまま残ります。

「押せない場所かも・・・」と思いながらトランク内をゴソゴソ探っていると、どうやらツールアクセスできそう !(^^)!

トランクの内張りをごっそり外し、トランクに片足乗り込んだような体勢でコツコツ施工すること1時間半ほど…

腰がめちゃくちゃ痛くなりましたが(^^;)、無事にリペア完了!

縁の部分だけはデントリぺではどうしようもないので残ってしまいますが、それ以外の場所をしっかり戻して、かなり目立たない状態にできたと思います (^^)/

施工をずっとご覧になっていたオーナー様に

「デントリペアって、こんなに直るんですね。すごいなぁ…」

とご満足頂けて、疲れも吹っ飛びました。

  

デントリペアは、凹みの場所や凹み方によって直せる凹み・施工できない凹みがあります。

実際に拝見して詳細をご説明差し上げますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ