BLOG 施工報告など

フロントフェンダー凹み×2

本日のデントリペアご依頼は、ホンダ シビックタイプR のオーナー様。

フロントフェンダーにバイクが倒れてしまい凹みができたとのご相談です。

凹みは、①ホイールの真上辺りに大きく深い凹みが1ヶ所と、②ボンネットの付け根付近に鋭い凹みが1ヶ所。

通常、①の位置の凹みはボンネット側(写真左方向)からツールアクセスしてリペアできることが多いのですが、こちらの車種はツールを入れられる隙間が全くない構造だったためホイールハウスのインナーパネルを外してタイヤ側からリペアすることになりました。パネルの歪み範囲が広かったので、周りと馴染ませるのがなかなかタイヘンでした (^^;

②は逆にタイヤ側からでは届かないのでボンネット側(写真左方向)からリペアしましたが、ボンネットを取り付けているヒンジ等の部品が邪魔してなかなかうまく押せない…( ;∀;)

オーナー様にボンネット全開で支えて頂きながらなんとかギリギリのところででリペアすることができました ε-(´∀`*)ホッ

合わせて3時間くらいかかり、無事リペア完了となりました。

こちらのお車は車齢25年ほどのお車。板金塗装以外の方法で修復できないかと当店にご相談頂きました。

こうしたニーズにお応えできるのはとてもやりがいがあります (^^)

フェンダー交換や板金修理を避けて凹みを直す方法はデントリペアだけ。

「この凹み、デントリペアで直せるだろうか??」と思ったら、まずはお気軽にご相談下さい。実際に拝見して詳細をお伝えいたします。

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ