BLOG 施工報告など

伸び始めている危険なヒビ

本日のウィンドウリペアご依頼は、ホンダ NBOX のオーナー様。

フロントガラス中央付近に飛び石被害でヒビが発生しているとのご相談です。

パッと見は

「1cm程度のパーシャルブレイク(内部面割れ)+左上方向に線ヒビ一本」

というふうに見えたのですが、拡大して詳しく観察すると・・・

ルーペで拡大しています

思ったよりも左右に長くヒビが伸びています (*_*;

しかも左右ともヒビが途中で一旦細くなってさらにその先に伸びています。

恐らくジワジワとヒビが伸び始めている危険な状態と思われます。一刻も早くリペアして固める必要がありますが、こうした進行中のヒビは細心の注意を払って施工してもリペア最中に伸び始めてしまうリスクがあるので緊張します (-.-)

悪化させないように、でもヒビの隅々まで樹脂を圧入しなければいけません。強い圧力で一気に樹脂を浸透させることができないので、力加減を微調整しながら時間をかけてリペアしていきます。

通常60分前後で終わることが多いのですが、今回は90分くらいかかりました (^^;

ルーペで拡大しています

慎重に施工した甲斐あって、キレイに樹脂が入りました (^^)/

これで強度が高まり、悪化リスクは最小限に抑えられました。見た目も大幅に改善できており、この状態であれば車検も問題ありません。

これ以上伸びてしまうとリペアできなかったかも・・・という危険な状態でしたが、そうなる前にお越し頂けて良かったです。

飛び石ヒビは、放置するとあっと言う間に伸びてしまうことも珍しくありません。発見したら、できるだけお早めにご連絡下さい (^^)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ