BLOG 施工報告など

浅いドアパンチ被害×2

本日のデントリペアご依頼は、BMW 2シリーズ グランツアラー のオーナー様。

運転席ドアに浅い凹みが2カ所あるとのご相談です。

before①は、運転席ドアの中央あたり。before②は運転席ドアハンドルの下あたりです。

浅い凹みなので写真では見えにくいですが、どちらも3.0cm弱の縦向き凹みで、位置的にも凹みの様子からしてもドアパンチ被害ではないかと思われます (-_-;)

幸い塗装傷は無く、リペアツールのアクセスも問題ない位置でしたので、2ヶ所ともキレイに復元できそう。早速リペア致します (‘◇’)ゞ

両方で1時間弱の施工でした。

「もう全然分からない・・・」

と、オーナー様 (^^)/

小さな凹みや浅い凹みでも、そこに凹みがあることを知ってしまうとどうしても気になってしまいますよね (-.-)

そんな時にはデントリペアでの修復がオススメです。

何かを当てられたような数センチの軽微な凹みなら、大掛かりな修理をしなくてもデントリペアで元に戻せるかも知れません。デントリペアが可能であれば、再塗装等は行わずオリジナルを保ったまま短時間(数十分~数時間)で修復できます。

デントリペアで直せる凹みかどうかは凹みの状態や裏側の構造によって左右されますので、必ず実物の確認が必要となります。当店は1台ずつの施工のため予約制となっておりますので、まずはお気軽にご連絡下さい。

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ