BLOG 施工報告など

フロントガラス中央付近に放射状ヒビ

本日のウィンドウリペアご依頼は、フォルクスワーゲン ティグアン のオーナー様。

フロントガラス中央付近に10円玉サイズくらいのヒビが発生しているとのご相談です。

ルーペで拡大しています

石が当たった「衝撃点」を中心に、放射状の線ヒビと、貝殻のように見える丸い内部面割れが併発しています。また、ヒビを発生させた衝撃点以外の部分にも石が当たっているようで、周辺には表面だけの傷もいくつか見られます。

傷は直すことができないので、ヒビとそれを発生させた衝撃点のリペアを行います。

ルーペで拡大しています

ガラス内部に発生していたヒビ(隙間)全てに樹脂が浸透しました。衝撃点も埋め直してリペア完了 (‘◇’)ゞ

これで強度が高まり、悪化リスクは大幅に低減されます。

透明の痕跡は残るものの見た目も大幅に改善、ほとんどのケースで車検にも通るようになります (^^)/

今回のように運転している視界に入る場所のヒビは特に気になると思うので、見え方が変わって軽微になると嬉しいですね!

ヒビが悪化して(長くなって)からではリペアできませんので、発生してしまったらできるだけお早めにご相談下さい (^^)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ