BLOG 施工報告など

ドアに横向きの凸

本日のデントリペアご依頼は、ホンダ ステップワゴン のオーナー様。

運転席ドアに凹みでなく゛出っ張り”が発生しているとのご相談です。

運転席ドアの下の方、横向き線状に凸が発生しています (*_*)

運転席ドアなので乗り降りの度に目が行ってしまって気になるとのこと。

この付近が何かによって押し込まれた際、鉄板が裏の構造に当たって山脈のような凸が発生、そのまま押された鉄板が元の位置に戻ってきた、という状況かと思われます。

こうした凸のリペア、表面から専用のポンチでコツコツと精密に叩き落していくのですが、落としすぎて凹んでしまうと今度は再び裏から押し出さなければいけなくなるので、非常に繊細な作業となります。

実は、デントリペアはその施工特性上、縦向きに比べて横向きの凹みや凸をリペアするのは格段に難易度が高い作業なんです・・・頑張れ、自分! (-_-;)

やはりそう簡単にはいきませんでしたが・・・

無事にリペア完了 (^^)/

今回は、これ以外に周辺にも出っ張りや軽微な凹みがあったので、全てまとめてリペアを行いました。

1,000kmも走っていないという新車とのことでショックも大きかったと思いますが、これでもう気になることも無くなりますね (^^)

いつの間にかできてしまっていた軽微な凹み、自分でぶつけたわけでもないのに板金修理に出してドアを丸ごと塗り直すというのは大掛かりだし…( ;∀;)

と思ったら、デントリペアをご検討下さい。

傷の無い軽微な凹みなら、オリジナル塗装を保ったままで元通りに復元できます。というか、塗装を取らずに凹みを修復する技術はデントリペアだけ。

デントリペアは凹みの状態や位置によって施工できるケースとできないケースがございますので、実物を確認して詳細をお伝え致します。まずはお気軽にご相談下さい (‘◇’)ゞ

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ