BLOG 施工報告など

フロントガラス下端に重症飛び石ヒビ

本日のウィンドウリペアご依頼は、ホンダ NBOX のオーナー様。

フロントガラス下端、ワイパーの近くに飛石被害とのご相談です。

ルーペで拡大しています

フロントガラスの縁、黒い枠のすぐ上に石が当たってヒビが発生しています。内部の面割れと放射状の線ヒビが併発する「コンビネーション・ブレイク」と呼ばれるタイプのヒビで、下側は黒い枠の中に入っています (>_<)

縁に近い位置で、しかもここまで激しい割れ方をしていると「リペアできない」と言われてしまいがちなケースですが、当店ではこうしたヒビも対応可能ですのでご安心下さい (^^)

石が当たった「衝撃点」はガラスが砕けて穴が開いているのですが、その穴がけっこう大きいので、リペアで埋めた痕跡も大きくなりそう…。

こうしたフロントガラスの飛び石ヒビリペア、通常60分前後で施工完了となります。

ルーペで拡大しています

かなり激しいヒビでしたが、この通り全ての空間にしっかり樹脂が浸透し、強度が高まりました。

衝撃点を埋めた部分と、線ヒビだった部分に透明の痕跡が残るだけで、見た目も大幅に改善されました。この状態なら車検も大丈夫でしょう (^^)/

飛び石ヒビは、放置して悪化してしまったり、雨水などと共に油分や洗剤が内部にが行ってしまうとリペアができなくなってしまうこともあります。発見したら放置せず、できるだけお早めにご相談下さい (‘◇’)ゞ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ