BLOG 施工報告など

石が当たった穴が大きな飛び石ヒビ

本日のウィンドウリペアご依頼は、BMW X5 のオーナー様。

助手席前に飛び石ヒビが発生しているとのご相談です。

ルーペで拡大しています

貝殻のような模様に見える部分が、ガラス内部に発生している面割れです。

「パーシャル・ブレイク」と呼ばれるパターンで、飛び石被害の中では典型的なヒビの1つ。

ヒビの形状は珍しくないのですが、石が当たった「衝撃点」の被害が大きく、穴が開いている範囲が広いです (*_*;

ルーペで拡大しています

衝撃点があまりにも大きいとリペアできないケースがありますが、この程度なら大丈夫!

穴が大きいので痕跡も大きくなるものの、リペア自体は問題なく施工できますのでご安心下さい。

ルーペで拡大しています

バッチリです (^^)/

面割れを起こしていた空間に樹脂が浸透することで、強度が高まるとともに見た目も大幅に改善。

これで悪化のリスクは低減、この状態であれば車検も問題なく通ります。

全体が硬貨やペットボトルのフタで隠れる程度までのサイズであればほとんどのケースで施工可能です。放置して悪化してしまうとリペアできませんので、発見したらできるだけお早めにご相談下さい (^^)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ