BLOG 施工報告など

運転席前の下方に飛び石ヒビ

本日のウィンドウリペアご依頼は、レクサス LS のオーナー様。

運転席前に飛び石ヒビとのご相談です。

ルーペで拡大しています

運転席前のフロントガラス下から10cmくらいの位置に、「パーシャル・ブレイク」という三日月状の内部面割れと、ガラス下方に向かう線ヒビが併発しています (>_<)

フロントガラスは周囲に近付くほどヒビが伸びやすいので、特に下に向かって伸びている線ヒビは危険…

施工中に悪化してしまわないよう気を付けながら、60分程の施工で完了です (‘◇’)ゞ

ルーペで拡大しています

樹脂が浸透し、強度が高まるとともに目立たなくなりました (^^)/

これで急に悪化してしまうリスクは大幅に低減、この状態であれば車検に通る可能性も非常に高いです。

フロントガラスの飛び石ヒビ、放置すると悪化してしまったり、内部に油分などが入ってしまったりしてリペア不可能(=ガラス交換)となるケースも珍しくありません。

全体が硬貨で隠れる程度までのサイズであればリペアできますので、気付いたらまずはお早めにご相談下さい (^^)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ