BLOG 施工報告など

後席ドアのプレスラインが潰れた凹み

本日のデントリペアご依頼は、スバル レヴォーグ のオーナー様。

後席ドアのプレスラインに凹みがあるとのご相談です。

プレスラインが完全に押し潰されてしまっています ( ;∀;)

プレスラインが凹んだことにより鉄板が追いやられて、凹みの上が盛り上がっているのも見えます。凹みをきちんと直すには、この出っ張りも直さなければキレイに仕上がりません。

窓枠付近は裏に補強の鉄板があるためツールアクセスはギリギリの位置。なんとか押せると判断して施工開始です!

プレスラインが潰れている幅が広いので復元するのに時間がかかりますが、コツコツやるしかありません (^^;

2時間程の施工で、プレスラインが復活です (^^)/

目立つ塗装傷が無かったので、すっかりキレイに仕上がりました。

デントリペアですので、もちろんパテや再塗装はしていません。

気になる数センチの凹み、塗装傷の無い軽微な凹み、ドアパンチ被害・・・デントリペアで対応できるものであれば時間も費用も抑えられ、オリジナル塗装を保ったまま復元することができます。

デントリペアで直せる・直せないという判断は実際に拝見してお伝え致しますので、まずはお気軽にご相談下さい (^^)

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ