BLOG 施工報告など

運転席ドアのクッキリドアパンチ

本日のデントリペアご依頼は、スバル インプレッサSTI のオーナー様。

運転席ドアに凹みがあるとのご相談です。

ドアハンドルの上を通るプレスラインに、強烈ドアパンチ凹み (*_*;

プレスラインが凹み、その影響で凹みの上が盛り上がり、中心部の塗装には縦向きの線傷もあります。。。

こちらのお車のドアはとても硬い鉄板が使われており、このプレスライン部分は特に硬いので、デントリペア技術者泣かせの凹みといえます… (-_-;)

とはいえ、裏からツールで押すことができると確認できたので大丈夫!早速取りかかります。

作業し始めて…やはりメチャクチャ硬いので難しい…

集中してコツコツ作業を続けること1時間半…

無事に仕上がり、プレスラインも復活です (‘◇’)ゞ

デントリペアなので、もちろんパテや再塗装は行っていません。

運転席のドアハンドル付近ということで乗り降りの度に気になっていたとのこと。スッキリ解消できて良かったです (^^)

いつの間にかできていた軽微な凹みやドアを当てられてしまった凹みなどは、塗装傷が無ければデントリペアで元通りに復元できる可能性があります。

デントリペアで直せるかどうか、実際に拝見してお伝え致しますので、まずはお気軽にご相談下さい。

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ