BLOG 施工報告など

ドアを開けた時に当てた凹み

本日のデントリペアご依頼は、マツダ ロードスター のオーナー様。

助手席ドアに凹みがあるとのご相談です。

縦向きのクッキリした「芯」がある凹みです。

ドアを開けた際に当ててしまったとのことで、芯の中に非常に鋭く突かれたような場所もあります ( ;∀;)

鋭い芯を戻すのはなかなか難しい作業ですが、ツールアクセスは問題ないのでなんとか大丈夫でしょう。マツダ車は微妙な曲面が特徴的なので、映り込む景色が歪まないように綺麗に復元したいところです。

40分程の施工で、無事リペア完了 (‘◇’)ゞ

鋭い芯もできる限り戻しました。デントリペア施工なのでもちろん再塗装などは行っておらず、オリジナル塗装のまま凹みだけを消しました。

ドアパンチ被害などの軽微な凹みはデントリペアでの修復が最適。他の修理方法との最大の違いは、塗装を剥がさないこと。塗装を行わないので短時間で元の状態へ復元できます。

デントリペアで対応できる凹みかどうかどうかは「凹みの位置」と「凹み方」で決まります。リペア可能かどうかご自身での判断は難しいので、ご来店いただき実物を拝見・確認してお伝えしております。気になる凹み、どうしようかお悩みでしたらまずはお気軽にご相談下さい。

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ(10:00-18:00)