BLOG 施工報告など

スライドドアに強烈ドアパンチ被害

本日のデントリペアご依頼は、トヨタ ハイエース のオーナー様。

強風に煽られたドアで強烈なドアパンチを受けてしまったとのご相談です。

左スライドドアの前の方に、塗装傷を伴う強烈な凹み ( ;∀;)

凹んでいる位置もなかなか厳しい場所ですが、内張りを外して確認したところなんとか力をかけることができそうなのでリペア可能と判断。

ただしデントリペアは塗装を扱わない凹み修復技術なので、塗装傷はそのまま残るという点をオーナー様と確認して施工開始です。

諸々の条件により難易度高めのリペアでしたが、2時間程の施工で完了しました (‘◇’)ゞ

強烈な変形により少し鉄板が延びてしまっている影響で若干の歪みが残りました(残しました)が、かなり良い状態に復元できました。

※延びてしまった鉄板を真っ平らにすると゛ハリ”が無くなって鉄板がペコペコしてしまうので、そうならないように意図的に目立たない凹凸を作ってハリを出すことがあります。

塗装傷は扱うことができないので、これで完了となります。

ドアパンチ被害や数センチの軽微な凹み、元の塗装を剥がさずに凹みを直す修復方法はデントリペアだけ。その施工方法の特徴から、比較的短時間で施工できるのもメリットです。

デントリペアは凹みの位置や凹み方によって施工できる凹みと施工できないケースとがございますので、実際に拝見して施工可否を確認します。まずはお気軽にご相談下さい。

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ(10:00-18:00)