BLOG 施工報告など

運転席の目の前に飛び石ヒビ

本日のウィンドウリペアご依頼は、ポルシェ ケイマン のオーナー様。

運転席前に飛び石被害とのご相談です。

中央に見える白い点は石が当たった「衝撃点」で、ガラスが砕けて穴が開いている部分。その周りの貝殻のように見えるものはガラス内部に発生している「内部面割れ」です。

「くぼんでいる」「えぐれている」「ヒビは無い」とお問い合わせ頂くケースが多いですが、飛び石被害で典型的なヒビ割れの1つ。「ブルズアイ・ブレイク」と呼ばれています。

ヒビ割れなので、リペアしなければ悪化の恐れがあり、車検もNGです。

サイズは小さめで、全体で1cm程度の大きさ。問題なくリペアできますのですぐに取りかかります (‘◇’)ゞ

↑ルーペで拡大しています

およそ1時間の施工で完了です。

内部に発生していた空間の隅々まで完全に樹脂が浸透して強度が高まりました。完全に埋まると、このように透明に変化するので見た目も大幅に改善されます (^^)/

リペア樹脂が完全に行き渡らなかったり衝撃点をきちんと処理できていなかったりすると内部に空間が残り、黒い痕跡や気泡ができてしまいます。特に今回は運転席の目の前で常に視界に入るため、キレイに仕上がって良かったです。

お問い合わせの中には゛DIYしてみたけど上手くいかなかった”というケースがありますが、フロントガラスのリペアは一発勝負なので、「あとからやり直し」や「手直し」ということは不可能。失敗してしまった場合、そのままにするかフロントガラス交換するかの二択となります。

したがって、相当慣れている方でない限りはチャレンジしない方が良いと思います (^^;

全体が硬貨やペットボトルの蓋で隠れる程度までのサイズであればほとんどのケースでリペアできますので、被害に遭ってしまったらできるだけお早めにご連絡ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ(10:00-18:00)