BLOG 施工報告など

ドア下部に塗装傷を伴う鋭い凹み

本日のデントリペアご依頼は、アウディ S1 のオーナー様。

助手席ドアの下部に凹みがあるとのご相談です。

非常に鋭い凹みです (*_*;

こうした鋭く深い凹みを「ディープ・シャープ」と呼びますが、デントリペアの中では最難関な凹みの1つです。

凹みの中心には塗装傷もありますが軽微なので、凹みが戻ればかなり目立たなくなると思います。

ドア下部のリペアは基本的にドア内張りを外して工具アクセス。半分寝そべったような体勢での施工でした。

2時間ちょっとの施工で仕上がりました (‘◇’)ゞ

凹みは完全に無くなりました。中心の塗装傷だけ残っていますがクリア層のみの傷なので、この写真で照らしているようなライトで照らさない限りはほぼ見えない程度です。

オーナー様も

「え?どこだっけ??」

と、ご満足頂けたご様子で良かったです (^-^;

道具さえ届く凹みであれば、お車を預けることなく1~数時間で復元。デントリペアの醍醐味と言うか、大きなメリットの1つです。

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ