BLOG 施工報告など

ステップワゴン リヤフェンダーのデントリペア

本日は、ホンダ ステップワゴン右側リヤフェンダーのデントリペア。

スライドドアのすぐ後ろ、リヤタイヤのちょっと上くらいの場所に凹みがありました。

リヤのプレスラインにもかかってしまっています。

少し角度を変えて見るとこんな感じ

自転車が倒れて当たったような凹みに見えます。まず上に当たって、下にズリズリ~となった感じでしょうか。上の凹みは塗装表面に少し擦れた跡もありました。

じつはこの場所、デントリペア屋泣かせの場所の1つです。理由は…

◆リヤの場合、タイヤハウスからは工具が入らない

◆内張りを外してアクセスできたとしても、リヤからの距離が遠い

◆スライドドア側からは工具が入らない

・・・ということで、今回は表面から引っ張って鉄板を引き出す“プーリング”という方法でリペアを行いました。

ただ、塗装表面に少し傷があったため、塗装剥がれのリスクも考慮しオーナー様へご説明差し上げ、ご納得いただいたうえでリペア開始っ!!

陽の当たらない場所を提供して頂けたため、作業は順調 (^-^)

心配していた塗装剥がれもなく、無事にリペア完了~♪

きちんとリペアすると、塗装表面にあった傷もだいぶ目立たなくなるから不思議ですね。

作業後オーナー様に確認して頂くと「あれ?どこでしたっけ??」と嬉しいお言葉。技術者冥利に尽きます \(^_^)/

板金塗装も考えていらしたご様子でしたが、デントリペアを選択されたことでオリジナル塗装が守れて良かったですね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ