BLOG 施工報告など

けっこう強いドアパンチ

洗車をしたら、いつの間にかドアパンチ跡ができていることに気付いたというオーナー様からのご依頼。

拝見すると・・・

けっこう強めに2発のドアパンチ (>_<)

お車はスバル レヴォーグ、助手席ドアのハンドル下あたりです。

この位置、ちょうど“サイドインパクトビーム”という補強の骨の真上 ( ;∀;)

普段は先端が太めのツールから使い始め、仕上げに向かうにつれて次第に先端が細いツールに変えていくのですが…

今回は骨の真上で太いツールが入らず、始めから細いツールしか使えません。

細いツールは扱いがデリケート。ちょっと力加減を間違えるとすぐに汚い仕上がりになってしまいます。

最初から最後まで、渾身の集中力をキープ!!

何も無かったように戻すことができました (^^)v

こうした凹み、「板金塗装で直すしかないか…」と考えがちですが、デントリペアでバッチリ復元できます!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ