BLOG 施工報告など

近接した2打点のヒビ割れ

本日のウィンドウリペアご依頼は、トヨタ ハリアー のオーナー様。

フロントガラス助手席側の下の方に、飛び石びよるヒビとのこと。

ピンボケしていてスミマセン…

石が当たった「衝撃点」を中心に、線ヒビが放射状に伸びている様子。

ルーペでさらに詳しく観察します。

ルーペで拡大しています

むむむ… 思ったよりヒビが長いぞ…

しかも途中で細くなっているヒビや、閉じてしまっていて見えにくいヒビなど、結構複雑 (>_<)

さらによく見ると、石が当たった「衝撃点」が、2カ所です。

ルーペで拡大しています

これはなかなか困難なリペアになりそう… (-.-)

しかし!

そこは「リペア専門店」を掲げる当店、普通なら断られてしまうような症状でも、できる限り対応させて頂きます!!

ルーペで拡大しています

衝撃点が2カ所だったので、埋めた跡も痕跡が2カ所。

長いヒビにも先端まで樹脂が入ったので、ヒビが伸びるリスクは大幅に低減されています。

ピンボケしていてスミマセン…

これで、ガラス交換せずにそのままお乗り頂けます (‘◇’)ゞ

困難が予想されたリペア、思いの外スムーズにリペアできたのは、オーナー様がすぐにビニールテープを貼って水分が入らないよう処置して下さっていたこともプラスだったのだと思います。

放置するとリペアできなくなることも珍しくないので、発見したらすぐにご相談下さい (^^)/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ