BLOG 施工報告など

クォーターのエクボ状凹みをプーリング施工

本日のデントリペアご依頼は、BMW MINIクーパー のオーナー様。

助手席ドアのすぐ後ろ(2ドア車です)、「クォーターパネル」と呼ばれる場所にエクボ状凹みがあるとのご相談です。

デントリペアによる修復は、基本的に専用工具で裏から押し出す施工なのですが、この場所はどうにも裏から押すことができません・・・ (-.-)

ということで、表面から引き出す「プーリング」という方法での施工となりました。

プーリングは、凹み方や塗装の状態によっては施工できないケースもある方法ですが、今回は芯の無い浅い凹みで年式も新しいお車ですので、プーリング施工で対応できると判断。

早速施工開始です!

1時間程の施工で、すっかり元通りに (‘◇’)ゞ

たとえどんなに小さな凹みでも、気になっていたものが消えるとスッキリしますね (^-^)

デントリペア施工ですので、もちろんパテ埋めや再塗装は行っておりません。

オリジナル塗装のまま凹みを直す技術はデントリペアだけ。

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ