BLOG 施工報告など

典型的な内部面割れ「パーシャルブレイク」

本日のウィンドウリペアご依頼は、ルノー ルーテシア のオーナ様。

運転席前、やや下の方に飛び石被害とのご相談です。

ルーペで拡大しています

石が当たった「衝撃点」を中心に、ガラス内部に三日月形の面割れが発生する「パーシャル・ブレイク」というヒビ。黒っぽく貝殻のように見えるのは、内部に空間ができてしまっている証拠。

よくお問い合わせで

「傷ついた」

と言われるのですが、これは「傷」ではなく「ヒビ割れ」です。放置せずに早めのリペアをお勧めしております。

こうした面割れは、リペアを行うとかなり目立たなくなるのが特徴。

ルーペで拡大しています

60分程で施工完了 (‘◇’)ゞ

樹脂がしっかり浸透すると、強度が高まるだけでなく見た目も大幅に改善。車内から見ると透明の痕跡が見えますが、外から見るとほとんど分からない見た目になります。

これで車検も大丈夫。安心してお乗り頂けます (^^)/

フロントガラスの飛び石ヒビ、放置すると悪化してしまったり、内部に汚れが入ってしまったりして、リペアできなくなるケースもあります。

悪化する前にきちんとリペアを行えば、ガラス交換せずにそのまま乗り続けることができます。

ヒビを発見したら、できるだけお早めにご相談下さい (^^)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ