BLOG 施工報告など

デフロスター真上のヒビ割れ

本日のウィンドウリペアご依頼は、トヨタ カムリ のオーナー様。

デフロスター(エアコン吹き出し口)の真上に飛石被害とのご相談です。

ルーペで拡大しています

直径1cmほど、飛び石被害では比較的多い「パーシャル・ブレイク」と呼ばれるタイプの内部面割れです。

オーナー様は

「デフロスターの上だから…」

と心配なご様子でしたが、きちんとリペアできますのでご安心下さい (‘◇’)ゞ

デフロスターの真上は温度変化が大きい場所なので他の位置よりも悪化リスクが高いのは確かですが、リペアをするのとしないとでは大違い。きちんと固めて強度を高めます。

ルーペで拡大しています

施工時間はおよそ60分。これで一安心ですね!

ガラス内部に発生している空間に隙間なく樹脂を浸透させることで、強度が高まるのはもちろん見た目も大幅に改善されます (^^)/

これで車検も大丈夫、安心してお乗り頂けます。

全体が硬貨やペットボトルのフタで隠れる程度までのサイズであれば、ほとんどのケースでリペア可能。ガラスの縁に近い位置のヒビや、2つのヒビが繋がているような複雑なものでも対応できます。

悪化してしまうとリペアできませんので、ヒビを発見したらできるだけお早めにご相談下さい (^-^)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ