BLOG 施工報告など

助手席ドアに深い凹み

本日のデントリペアご依頼は、マツダ CX-5 のオーナー様。

助手席ドアにドアパンチ被害と思われる凹みがあるとのご相談です。

これはかなり強烈…深く凹んで周囲も歪んでいます (>_<)

平らな部分がここまで変形すると、鉄板自体が少し伸びてしまっているケースが多く、違和感の無いよう仕上げるのがタイヘンになってきます。

可能な限り歪みを無くすため、周辺の盛り上がってしまっている部分を整えて、凹みの中心部分を慎重に押し出して・・・

施工完了です (‘◇’)ゞ

まだ買ったばかりの新車ということで、できれば板金修理やドア交換など大掛かりな修理は避けたいところ。目立つ凹みをデントリペアで修復できて良かったです。

自分がどんなに気を付けていても、完全に防ぐことは難しいこうした被害 (-_-;)

塗装傷が無ければ、デントリペアで綺麗に復元できるかも知れません。気になる凹みでお悩みでしたら、まずはお気軽にご相談下さい。

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ