BLOG 施工報告など

フロントガラス黒い枠の部分

本日のウィンドウリペアご依頼は、ダイハツ ハイゼット のオーナー様。

フロントガラスの黒い枠の部分に飛び石がありご来店。

運転席側のワイパー付け根付近、一般的には「リペア不可」と判断されてしまう位置です。

丸い面状の割れ。直径1cm程度なので、これでフロントガラス交換と言われてしまうとちょっと悲しいですよね… ( ;∀;)

当店はリペア専門店。通常は「不可」とされる場所やヒビでも、多くのケースでリペア可能です!

ルーペで拡大して良く観察すると…

ルーペで拡大しています

このような丸い割れ方は「ブルズアイブレイク」と呼ばれているのですが、面割れの周囲に線状の割れもできていて、やや重症という感じです。

黒い部分のリペアは難易度が高く、技術はもちろん経験・コツ・勘(?)も必要になります。

何台も施工している私も、毎回ドキドキです (・_・;)

ルーペで拡大しています

我ながらバッチリ (^^)v

黒い部分のリペアは、強度UPはもちろんのこと、このようにかなりキレイな見た目になることが多いです。

これで車検もOK、フロントガラス交換をする必要はなくなりました。

じつはオーナー様、DIYしてみようと市販のリペアキットを購入されていたそうですが、ご自身での施工は思いとどまって当店にご連絡頂いたとのこと。

もしDIYしていたら、うまくできなくてご連絡頂いても「やり直し」ができなくなるのでフロントガラス交換になるところでした。

手を付けてしまう前にご連絡頂けて良かったです ε-(´∀`*)ホッ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ