BLOG 施工報告など

後席ドアに浅いドアパンチ凹み

本日のデントリペアご依頼は、BMW 3シリーズのオーナー様。

左後席ドアに、ドアパンチ被害と思われる凹みがあるとのご相談です。

ドア中央よりもやや後ろ寄りの位置に、浅いながらも2.5cmの縦向き凹み。

位置や凹み方からして、ドアパンチ被害で間違いなさそうです ( ;∀;)

幸い塗装に傷は無いので、キッチリ復元できそうです (‘◇’)ゞ

このドア、よく見ると非常に滑らかな曲面で構成されていて、見る分にはとてもカッコいいのですが、直す視点で言うと凹みが見えにくい… (-.-)

そう言えばこういう曲面、最近のマツダ車などでも増えていますが、板金屋さん泣かせと言われているとかいないとか・・・

デントリペアでは、様々な角度から光を当てながら、塗装を維持したまま裏から凹みを精密に押し戻していきます。

これでもう、どこから見ても凹んでいたなんて分かりません (^^)v

このようなドアパンチによる軽微な凹みはデントリペアの得意分野。

「この程度で大掛かりな修理はしたくないし・・・」「凹みは直したいけど再塗装は避けたい」

とお考えであれば、デントリペアが最適です (^^)/

基本的に数時間以内に仕上がりますので、何日間もお車をお預かりすることもありません。

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ