BLOG 施工報告など

リアクォーターパネルに小さな凹み

本日のデントリペアご依頼は、トヨタ ハリアー のオーナー様。

右の一番後ろの柱の部分、「リアクォーターパネル」という部分にエクボ状の凹みがあるとのご相談です。

さほど深くない3cm弱の凹みですが、縦向きに凹んでいて、原因は不明とのこと… (-_-;)

幸い塗装傷は無いのでキレイに戻すことができそうです。

この位置は裏から押し出すことができないため、表面から引き出す「プーリング」という方法での施工となります。

プーリングを施工できる凹みは、

●塗装傷が無いこと

●塗装が劣化していないこと

●凹みに芯が無いこと

などの条件がありますが、今回はすべての条件をクリアしているので大丈夫!

1時間程の施工でリペア完了となりました (‘◇’)ゞ

洗車の際に気になっていたという凹み、デントリペアで解決できて良かったです (^^)/

こうした小さな凹みやドアを当てられてしまった凹み、再塗装をしないデントリペアでの復元が最適です。

「あれ??いつの間にこんな凹みが・・・」

小さくても気になる凹み、デントリペアで元に戻せるかも知れません。実物を確認して施工可否をお伝えしますので、まずはお気軽にご相談下さい。

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

    • 平塚 行人
    • 2021年 11月 30日

    今日は、ありがとうございました。綺麗に直して頂いてありがとうございます。また、何かありましたらよろしくお願いします。

      • dr-decc
      • 2021年 11月 30日

      この度は当店にご依頼頂きありがとうございました。

      仕上がりにご満足頂けたとのご報告ありがとうございます。
      小さな凹みでも一度知ってしまうと気になって仕方がなかったりモヤモヤしてしまうお気持ちはとても良く分かるので、デントリペア技術でお役に立てたことを嬉しく思います。

      またお困りの際にはいつでもご相談下さい。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ