BLOG 施工報告など

運転席ドアにドアパンチ跡×2

本日のデントリペアご依頼は、日産 ノート のオーナー様。

運転席ドアのプレスラインの位置にドアパンチされた跡があるとのご相談です。

しかも1カ所ではなく隣接して箇所… ( ;∀;)

ツールアクセスは内張りを外さずに窓枠から。問題なくツールが届く位置でしたので施工もスムーズに終了しました (‘◇’)ゞ

車両前方側の凹みが大きく塗装には小さな傷を伴っていましたが、幸い凹みが無くなればほとんど分からない程度の浅い傷でした。

このような「ちょっとした凹み」で板金修理というのも大掛かりだし、将来的には査定も心配…

本日のオーナー様もこのようなご意向でデントリペアを選択されたとのこと。

お車で何かにぶつかってしまったような強い凹みは板金塗装での修理となりますが、数センチの小さな凹みはデントリペアで復元できるケースが多いです。

「デントリペアで直せるか、対応できない凹みか?」

実際に拝見してお伝え致しますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい (‘◇’)ゞ

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ