BLOG 施工報告など

痕跡の残る凹み

本日のデントリペアご依頼は、フォルクスワーゲン ニュービートル のオーナー様。

運転席ドアの後ろ寄りに凹みができてしまったとのご相談です。

ドアノブの斜め下、ドアエッジ近くにかなり深くて鋭い凹みです (*_*;

この位置、まずリペアツールが届くのかどうか(裏から押せるのかどうか)微妙な場所です。

実際にツールを入れて押せるかどうか確認してみると、予想通りドアノブの部品が邪魔になってしまいツールアクセス良好とは言えない状況。。。

それでも工夫すればなんとか凹みを押すことはできそうなので、早速施工開始です (‘◇’)ゞ

とはいえ、こうしたかなり鋭く深い凹みは中心部分の変形が強く鉄板が延びてしまっていたり硬化してしまっているケースが多いため、リペアしても「凹みの芯」が残ってしまうことが予想されます。

芯が残ってしまう場合、できる限り周りの平面を復元して目立たなくなるように仕上げていくリペアとなります。

あれこれ工夫して見たのですが、やはり芯の痕跡を消すことはできませんでした。

※リペア専用ライトで照らして撮影していますので、自然光で見る限りはここまで目立ちません。

いつでもキレイさっぱり復元できると良いのですが、鋭い凹みではこのように痕跡が残るケースがあります。

デントリペアという修復技術の特性上、消せる凹みと消せない凹みがあるのは仕方のないことなのですが、この痕跡が「NG」なのであれば板金塗装またはドア交換での修理となります。この痕跡を許容できるのであれば再塗装等は行わないデントリペアで1~2時間程度の施工となります。

「この凹みはデントリペアで対応できるのか?」

「きれいに直る凹みなのか、痕跡が残る可能性があるのか?」

こうした詳細は実際にお車を拝見してお伝え致しますので、気になる凹みでお悩みでしたらまずはお気軽にご相談下さい (^^)

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ