BLOG 施工報告など

バックドアの鋭い線状凹み

本日のデントリペアご依頼は、トヨタ ハイエース のオーナー様。

バックドアに横向きの凹みができてしまったとのご相談です。

リアの窓ガラス下に、非常に鋭い線状の大きな凹み (*_*;

歪みの大きさはおよそ7cm。深い凹みなので恐らく鉄板が延びてしまっており、こうしたケースでは歪みを完全に消し去ることはできないと思われます。

この点をオーナー様にお伝えしたところ、

「できる限りチャレンジして欲しい」というご要望でしたので、さっそく施工スタート!

しかしこの位置、非常にツールアクセスが悪い場所で、とても難しい凹みです… (-_-;)

凹みの「芯」になっている横線を裏から正確に押し戻していきますが、変形が強くてなかなか戻らず…

鉄板が延びてしまっているので、押しすぎると出っ張ってしまいます。微妙な加減で、できる限り違和感の少ないように整えていきます。

すぐ上のプレスラインも少し凹んでいるのですが、そこはさらにツールアクセスが厳しい ( ;∀;)

悪戦苦闘の末、2時間程で施工完了となりました。

デントリペアの中でもかなりタイヘンな部類の施工でした (^^;)

やはり深い凹みで鉄板が延びていたため「完全に元通り」とはいきませんでしたが、だいぶ目立たない状態に整えることはできました。

ご確認頂いたオーナー様は

「凄い!これは驚いた!」

と、ご満足頂けたご様子 (^^)/

デントリペアで直る凹みか、施工できない凹みか、ご自身での判断は難しいですが、一応の目安として「車が動いていない状態でできた凹み」であれば対応できるケースが多いです。

デントリペアで対応できる凹みであれば、再塗装せずに復元するため短時間で修理が可能。

数センチの小さな凹み、「この凹みはデントリペアで直せるかな??」と思ったら、実際に拝見してお答え致しますので、まずはお気軽にご相談下さい。

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ