BLOG 施工報告など

助手席ドアのプレスラインにドアパンチ被害

本日のデントリペアご依頼は、ホンダ ヴェゼル のオーナー様。

助手席ドアのプレスラインにドアパンチ被害とのご相談です。

ドアハンドルの下に、4cm程のかなり強烈なドアパンチ被害 (*_*;

プレスラインが完全に潰れてしまっており、凹みの上は盛り上がって凸になっています。

「乗り降りの度に見えてしまって気になる・・・」

と、オーナー様。

ツールアクセス良好、裏からしっかり押すことができる位置でしたのでご安心下さい。

1時間半ほどお待ち頂き、リペア完了となりました (‘◇’)ゞ

かなり強く凹んでいたものの、この通りプレスラインがしっかり復活!

傷があるように見えていた線は相手側の塗装が付いているだけだったので、凹みを戻してからコンパウンドで拭いたところキレイに取れました。

もちろん再塗装等は行っていないので、オリジナルのまま復元されています。

ドアパンチ被害などの数センチの小さな凹み、デントリペアで復元できるかも知れません。気になる凹みのお悩みは、当店までお気軽にお問い合わせ下さい。

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ