BLOG 施工報告など

ドア 横向きの凹み

本日は、スバル レガシー のオーナー様より、助手席ドアに凹みがあるとのご依頼。

早速拝見すると・・・

けっこう深い凹みが (*_*)

パッと見は「ドアパンチかな?」と思う凹みですが・・・

アップで見たのが次の写真。

クッキリ横向きの打痕。鉄板の歪みは4.0cm。

ドアパンチだと縦向きの凹みになるので、これはドアパンチではなさそうです。

原因はともあれ、塗装傷は無いので、しっかりリペアすれば綺麗に戻ります!

とはいうものの、実はこの凹み、リペアが難しいんです。

●ドアの半分より下にある凹み

●横向きの凹み

●深い凹み

は、どれか1つだけでもリペア難易度がグンと高まるのですが、

今回は全部当てはまってますね… (-_-;)

過去には「横向きの凹み」というだけでお断りされてしまい当店に駆け込んでいらっしゃった、なんてケースも実際にありました。

さて、リペアはどうなったかと言うと、およそ90分でしっかり復元できました ~ (‘◇’)ゞ

オーナー様、映り込む景色や光をチェックされて、

「光の歪みが全く無くなってる。全然分からなくなっちゃうんですね!」

と、ご満足頂けたご様子 (^^)v

今回のように塗装傷の無い凹みは、どこだったか分からないレベルでリペアできます。

ドアハンドル下、目につきやすい場所でしたので達成感もひとしお。

知ってて良かった、デントリペア ♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ