BLOG 施工報告など

運転席右上に飛び石ヒビ

本日のウィンドウリペアご依頼は、VOLVO V60 のオーナー様。

運転席から見て右上のあたりに飛石被害とのご相談です。

は500円玉でギリギリ隠れるかどうかという大きさなのでサイズ的にはリペア可能ですが、線ヒビが多くかなり複雑な形です… (*_*)

拡大して良く見てみましょう。

ルーペで拡大しています

石が当たって穴が開いている「衝撃点」の周りに、ガラス内部の面割れと放射状の線ヒビが併発する「コンビネーション・ブレイク」。

向かって左方向がフロントガラスの縁に向かう方向で、ヒビが伸長しやすいため悪化しないよう圧力調整など注意が必要です。

適切な樹脂を選択し、適切な圧力でリペアすると・・・

ルーペで拡大しています

1時間程の施工で、このようにしっかり仕上がりました (‘◇’)ゞ

隅々まできちんとリペアできているので強度が高まり、ヒビが悪化するリスクは大幅に低減。この状態なら車検も大丈夫です。

樹脂を浸透・硬化させるので必ず痕跡は残りますが、これだけ目立たなくなると嬉しいですね !(^^)!

悪化してしまうとリペアできなくなるので、飛び石被害に遭ってしまったらできるだけお早めにご連絡下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ