BLOG 施工報告など

リアクォーターにエクボ

本日のデントリペアご依頼は、トヨタ クラウン のオーナー様。

リアクォーター、Cピラーの付け根あたりにエクボ状の凹みを発見されたとのこと。

いつの間にかできていた凹み、気持ちの持って行き場もなく、がっかりしてしまいますよね…

オーナー様も、そんな悲しそうなご様子でのご来店でした。

この位置は裏からツールで押せないことが多く、表面から引き出す「プーリング」という施工方法になるケースもあるのですが、今回は車齢を考えるとプーリングでは塗装剥がれのリスクが高いので、なんとか裏から押し出せないか試行錯誤。

トランクの内張りを外した隙間から、ギリギリアクセス成功 !

元通りに復元できました (^^)/

職人の作業を見ているのが好きというオーナー様、施工をずっとご覧になられて、

「いやー、すごい!」

何度も声を漏らされていて、それを聞いた私もモチベーションUP (^-^)

ギリギリの位置だったのでなかなか力が入らず汗だくの施工となりましたが(^^;)、キレイに直って良かったです!

知ってて良かった、デントリペア♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
お電話はこちらをタップ